大阪市中央区の吉村司法書士事務所は債権譲渡登記、動産譲渡登記や組織再編、事業承継、商業・法人登記など質にこだわったリーガルサービスで中小企業の法務部としてベストの提案を行います。

私たちの想い

中小企業の“法務部”として、
あらゆる専門職能人のプラットホームになります。

「吉村なら、きっちり対応してくれる」。
クライアントの皆様から、このような信頼のお言葉をいただけるのは、今まで行ってきた仕事の質の高さによるものと自負しております。
ですが、それは、所属する司法書士の面々とマネジメントスタッフ、そして、ご協力いただいている弁護士、会計士、税理士、社会保険労務士、行政書士といった、頼りになる専門職能人集団のおかげです。
ですから、私たちの事務所の活動をご覧になると、従来の司法書士事務所とは異なったイメージを持たれるかもしれません。
例えば当事務所なら、債権譲渡登記や動産譲渡登記を使って※ABLの仕組みを構築し、金融機関に対して、融資の提案や企業間取引の債権保全の提案を行うことが可能です。
また、事業再編に伴うB/S(バランスシート)、P/L(プロフィットロス)適正化に向けての提案、企業間、個人間、企業と個人間の紛争解決の調停役(ADR)など、活動は広範囲にわたります。
中小企業の“法務部”になって、「予防司法」の観点から的確な提案を行う。こうした新しい司法書士像の代表として、活動していきたいと考えています。

※ABL:企業の流動資産(企業の在庫や、売掛債権)を担保の主体とした融資のことで、「流動資産一体担保型融資」とも呼ばれる。

代表者の経歴

平成元年 司法書士試験合格
平成2年 大阪司法書士会司法書士登録
平成3年 大阪市中央区で独立開業
平成5年 大阪司法書士会南支部幹事就任
平成7年 大阪司法書士会南支部副支部長就任
平成16年 簡裁訴訟代理等関係業務認定会員登録
平成17年 社団法人「成年後見センター・リーガルサポート」会員登録
平成17年 大阪司法書士会南支部支部長就任
平成19年 大阪司法書士会市民窓口運営委員就任
平成19年 中央大学ロースクール・アカデミー「事業再生の実務講座」修了
平成21年 「日本司法書士連合会調停センター」人材育成トレーニング講師候補者名簿搭載
平成21年 公益社団法人「総合紛争解決センター」和解斡旋人・仲裁人候補者名簿搭載
平成21年 大阪司法書士会綱紀委員就任

代表者の主な講演

平成18年 都市銀行不動産部にて「不動産登記法改正による不動産取引の注意点」
平成19年 都市銀行融資担当責任者研修にて「不動産登記法・商業登記法の観点から融資担当責任者の注意点」
平成21年 乳業メーカーにて「実践的継続的売買取引の形態について」
平成22年 賃貸管理専門不動産会社にて「個人情報保護法について」
中堅工務店にて「予防司法の観点からのゼネコンのための債権保全策」
平成27年 都市銀行の東京研修と大阪研修にて「戸籍謄本の読み解き方」
地方銀行個人渉外業務担当者研修にて「登記簿謄本の見方」

当事務所が目指すもの

スタッフの完璧なチーム力をもって
困っている人を心底から笑顔にします。

困って来所される依頼者の方に、心底から笑顔になっていただき、事務所スタッフも笑顔になること。
これが最も重視している事柄です。

つまり、依頼者の方が本当に納得できること。そのために必要なのは、ご挨拶でも申しましたが、ありとあらゆる専門職能人のプラットホームになること、関わりのある企業とのビジネスマッチングに、人の有機的ネットワークを構築することだと思っています。

このベースになるのが、私たちの強みである「常に事務所スタッフが完璧なチームとして機能している」という状況です。

例えば、金融機関同士の債権譲渡による担保権の移転の場合、担保個数は1日で約1万個、申請件数は約3万件、申請箇所は当時で約150、クロージング当日に全件持ち込み、という結果を残したことがあります。

普通の司法書士事務所では考えられない結果ですが、これもひとえに事務所スタッフ、専門職能人ネットワークのおかげと、今でもこの奇跡を振り返ることが多いのです。

最後になりましたが、当事務所の運営方針は、事務所でブレインストーミングをしながら決めていきます。メンバーが自らの将来に大きな夢を持てるような事務所にするためには、新しい発想が必要不可欠だからです。

取扱業務はこちらから お問い合わせはこちらから

▲ページのトップに戻る

業務内容